明日のためにvol1~移動平均(単純:MA)

10万円から始めるtakeshiの挑戦!FXトレードでかみさんに内緒の借金完済と億り人を目指す奮闘記。その名も「はずれ為替師takeshiは今日も逝く」

まあ日々のトレード記録を記す程度のつまらんブログだが、気が向いたら見に来てくれよ。実はFXトレード勝利へのヒントが隠されているかも知れないからな。

とりあえずかみさんに借金がバレるその日まで頑張るわ!

 

月FX収支:-円

FX口座資金:20,000円

 

ランキングUPがブログ継続の励みになります。是非下のバナーをポチッとお願いします


にほんブログ村

 

よう!takeshiだ

 

 

FXで借金完済と億り人を目指すべく基礎から勉強することにした。

 

 

今日はそのシリーズ第1弾だ。

 

「移動平均(単純:MA)」 

 

移動平均線とは文字通り一定期間の平均をグラフで表したものであり、英語で “MovingAverage” と訳されることから頭文字をとってMAと略される。
この移動平均線は数あるテクニカル指標の中でも最もよく使われるものであり、テクニカル分析のスタンダートとされている。

 

らしい・・・

 

つまり分かりやすく語ると当日以前の終値の平均ってことだな。

 

そして、移動平均線の算出計算方法は

 

 

(当日終値+前日終値+2日前終値+3日前終値+4日前終値)÷5=移動平均線(MA)の基本シグナル

 

うん。このレベルなら俺も理解できる。

 

 

そして、重要なのがその活用方法だが、

移動平均線(MA)の場合は、一般的にローソク足が移動平均線より上にいれば買いのシグナルが出て、そしてローソク足が移動平均線よりも下にあれば売りのシグナルと言われている。

 

らしい・・・

 

更には

 

 

ゴールデンクロスとデッドクロス

 

なんて凄そうなものがあるんだって。

 

これは、複数の移動平均線を組み合わせることで、生まれる重要なシグナルで、

 

GCは買い、DCは売り

 

それがゴールデンクロスとデッドクロス。文字通り、複数の線が交差することで現れるシグナルで、見分け方はそう難しくない。長期移動平均線を短期移動平均線が上抜けばゴールデンクロス:買いシグナルそして長期移動平均線を短期移動平均線が下抜ければデッドクロス:売りシグナルとなる。

 

 

ちなみに、何日の移動平均線を使えばいいのかは自分の使いやすいものでいいらしい。俺は5と25を使う。

 

 

他に選択できなそうだからな。

 

 

以上で今日の勉強は終わりだ。

 

 

もしこの内容に間違いがあれば是非とも教えてくれ。

 

 

コメントを待つ。

 

 

さて次回は「指数平滑移動平均線(EMA)」について勉強しよう。

 

 

あばよ

 

 

takeshiのメインブログは↓をクリックしてくれ。takeshiの詳細はこちら↓

借金返済哀歌(クリックで飛べます)

ランキングUPがブログ継続の励みになります。是非下のバナーをポチッとお願いします。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です